外国人に母国語を教える|日本語講師になるために受ける講座の特徴

日本語を教える仕事

レディ

カリキュラムをチェック

日本語教師とは、日本語以外が母語の生徒に日本語を教える教師のことです。活躍場所は多岐にわたるでしょう。海外の日本語学校や日本にある日本語学校、大学や家庭教師などが主なものです。日本語教師になるのに教員資格は必要ありませんが、一定のレベルを満たすために、多くの日本語学校では採用基準を設けています。日本語教育能力検定試験を合格していること、日本語教師養成講座を420時間以上受けていること、大学で日本語学を専攻していることのいずれかを満たすことが条件です。大学で学んでいないという人は、試験を受けるか講座を受けるかが現実的な選択となるでしょう。日本語教師養成講座は様々なスクールで開講されています。通信講座もあれば通学型のスクールもあり、都合にあわせて選ぶことができます。講座のカリキュラムとしては音声学や言語学、日本語文法や日本語語彙学、異文化コミュニケーションや日本語史、教育心理学などが主なものです。スクールにより多少異なりますが、日本語を教えるために必要とされるカリキュラムがそろっているため、おおむねこのような内容となります。スクールによっては、420時間の受講期間にくわえて検定試験合格を目指すところも多く、よりしっかりとした知識を持つ日本語教師の輩出に尽力しています。当然、二つ以上の資格がある方が採用されやすくなります。スクールを選ぶときにはこうした実績がしっかりしているか、サポート体制がきちんとしているかをチェックするとよいでしょう。