外国人に母国語を教える|日本語講師になるために受ける講座の特徴

国内外である活躍の場

メンズ

日本語を学ぶ場で活躍

日本語教師は、外国人に対して日本語を教えるのが仕事です。日本語教師になるには教員免許などの公的な資格は必要ありません。しかし、日本語教師の求人には、420時間の日本語教師養成講座を修了しているか、日本語教育能力検定試験に合格していることが条件として記載されていることが多いので、日本語教師になるには、専門学校やスクールなどで講座を受講して目指すケースが多くなります。専門学校やスクールの講座の多くは、日本語教育能力検定試験の対策が行われることが多いので、学校で学びながら検定も取得して就職を目指すということになります。日本語教師の求人を探すには、専門学校やスクールに来る求人を紹介してもらったり、インターネットの求人サイトで探すのがメインになります。大学で日本語教育を専攻した人であれば大学に来る求人を狙うという方法もあるでしょう。日本語教師の活躍の場は広くあります。国内であれば、留学生を対象とした日本語の学校やスクールでの講師や、家庭教師などの仕事が代表的なものになります。社会人向けであれば、外国人の社員向けの研修で日本語教育を行うという活躍が期待できます。日本語教師は海外でも活躍の場があります。大学のカリキュラムや語学学校で日本語が用意されていることも多いので、海外の大学での日本語講座で講師を務めるという仕事もあります。国によって求人の多さの違いはありますが、日本語を学ぶことのニーズが高い国であれば求人も多くあります。