外国人に母国語を教える|日本語講師になるために受ける講座の特徴

日本語を教えるための条件

勉強道具

日本語の基礎を学び直す

結論から先に述べると、日本語教師になるための公的機関による免許や資格取得等の必須条件はありません。したがって極端に言えば日本語が出来る人なら誰でも日本語教師になることが出来るのです。しかし、職業として日本語学校や大学等の教育機関で教える場合は「外国語としての日本語の教え方の基礎を持っている」ことが必要となります。具体的には次の通りです。4年制大学で日本語教育に関する科目の必要単位を修得し、卒業していること。そして、日本語教師教育講座を受講し、420時間以上の教育を受けていることです。日本語教育能力検定試験に合格していることこれらの基準の内、最低1つをクリアすれば日本語教師として活動出来ます。また、民間の日本語学校で「日本語教師養成講座」を学ぶ必要があります。そしてほとんどの日本語学校で文化庁指定の講座を実施していますので、その講座を修了すれば条件を満たしたことになります。日本語学校に通うことが出来ない場合は日本語教育能力検定試験に合格する必要があります。合格率が20%前後なので独学でも努力すれば合格可能ですが、日本語教師養成の通信教育を受講するのが合格への近道です。通える範囲に日本語学校が無い、又は学校があっても通う時間が無いという方は、自分の時間も有効に使え、費用の面でも経済的な通信教育を利用しましょう。言語の中でも難しいとされる日本語。「正しい日本語」を教えるためには日本語が話せるだけでは不十分です。正しい知識を身に着けるため、改めて日本語を学び直しましょう。