外国人に母国語を教える|日本語講師になるために受ける講座の特徴

日本語を教えたい

勉学

今すぐ分かる東京の英会話スクールガイド

英会話スクールなら東京ですぐに対応してくれるところにしませんか?興味があるならここの内容を参考にしておこう。

就職実績がある

日本を訪れる外国人が毎年増えていますが、雇用の面でも日本の会社は積極的に外国人を採用しています。しかし外国人が日本で働くためのハードルが日本語なのです。コミュニケーションをうまくとれなければ、まともに働くことができないのです。そして外国人にわかりやすく教えることができる日本語教師が求められているのです。日本で生まれ育ったから日本語なら、誰でも教えることができるとかと言えばそれは違います。読み書きができて話せることと、教えることは全く別なのです。そのため日本語教師を目指すなら、専門講座で勉強することが必要です。日本語教師の講座には通学と通信がありますが、時間に余裕がある人は通学を選ぶのもいいですが、一度見学に行ってから決める方が失敗が少ないです。また学校が家から遠方だったり、なかなか時間が取れないなら通信講座をおすすめします。通信講座なら自宅で受けることができるのでマイペースで学習できます。通学通信ともメリット、デメリットがあるので自分の環境や適性によって決めるといいです。日本語教師講座を受ける目的は資格試験合格と就職になりますが、やはり試験合格率が高く就職を紹介してくれる講座がいいです。実績のある講座なら初心者でも短期間で合格できるノウハウを持っていますし、就業率も高いです。また日本語教師になれば世界中で、大勢の外国人に日本語を教えることができるので非常に充実した毎日を送ることができます。

日本語を教えるための条件

勉強道具

日本語教師には特に資格等は必要ありませんが、職業とする場合には各々の学校で採用条件があります。条件をクリアするためには日本語学校で指定講座を受講するか、独学もしくは通信教育で学び、検定試験に合格する必要があります。

日本語を教える仕事

レディ

日本語教師になるには検定試験に合格しなくてはなりません。また、講座を400時間以上受ける事も大切です。様々な条件の中で、クリア出来そうなのを選びましよう。カリキュラムも事前に把握しておきます。

国内外である活躍の場

メンズ

日本語が話せない外国人へ向けて日本語を教えているのが日本語教師です。活躍の場は国内外にあります。国内であれば留学生に対しての日本語学校やスクール、社会人に対しては企業研修などで、日本語講座の講師を行う仕事が代表的なものになるでしょう。海外でも日本語を学ぶ学校での活躍が期待できます。